審美治療について

審美治療

審美治療は口腔内の見た目を整える歯科の専門領域であり、虫歯や歯周病を患ってはいない方も対象となります。「銀色の詰め物を白くしたい」、「歯を希望通りの形にしたい」、「歯茎を健康的な色にしたい」といった美的な問題を抱えている方に対し、美しい口元を提供していきます。ケースバイケースですが、虫歯や歯周病の治療を終わらせた上で、口元の問題点を解消して機能的で美しい口元を実現し、さらにはQOL(生活の質)の向上に結び付けます。

このような方はご相談ください

  • 歯や銀歯を白くしたい
  • 歯肉をピンク色にしたい
  • 歯の形をきれいに整えたい
  • 歯並びを良くしたい
  • 金属アレルギーで悩んでいる

主な審美治療

オールセラミック

オールセラミックは、冠全体がセラミックで出来ています。被せ物や差し歯の中には金属を使ったものも多いのですが、オールセラミックには金属が使われていないので、天然歯に近い質感が得られます。金属を使った補綴物の場合、歯茎が退縮していくにつれて金属部分が露出してしまったり、金属イオンの作用によって歯茎が黒っぽく変色したりすることがあります。しかし、オールセラミックではこうした懸念がありません。プラークが付着しにくいのも特長です。

メタルボンド

金属のフレームにセラミックを貼り付けたクラウンです。金属で補強してあるので耐久性があり、以前は奥歯の被せ物によく用いられていました。天然歯に似ているので、銀歯に比べて見た目がきれいに仕上がります。プラークや食べ物の色素がつきにくいのも特長です。

セラミックインレー

ちょっとした虫歯を治療する際には、歯を削った部位にインレーの詰め物をすることが一般的です。このインレーはレジンで行うこともありますが、見た目を良くするためにセラミックを用いることもあります。レジンよりも白く透明感がありますし、銀歯よりも自然できれいな歯に仕上がります。

ラミネートベニア

ラミネートベニアは、ご自身の歯の表面を薄く削り、セラミックなどで作られた薄片を張り付ける治療法です。ネイルチップのようなものを思い浮かべる方も多いと思いますが、一度つけたら外すことは出来ません。見た目を白くしたり、歯のすき間をなくしたり、欠けた部分をカバーすることが出来ます。前歯の歯並びが比較的良い方、ホワイトニングで満足のいく白さが得られなかった方、歯と歯のすき間を解消したい方などにお勧めです。