歯内療法について

歯内療法(神経の治療)

歯内療法は、文字通り歯の内側の治療です。歯の内部には神経が通っているので、この状態に充分留意しながら対応します。特に、歯の根っこにあたる部分は歯の土台として非常に大切です。きちんと治療しておけば、生涯に亘って歯の機能を維持することが出来ます。

歯の根元にある神経の部分は、通常ならば硬組織に囲まれて守られています。しかし、虫歯が進行すると、歯の内部まで菌が侵入し、神経が細菌に侵されてしまいます。痛みを無くすには神経を除去しなくてはなりませんが、これは単なる痛み止めに過ぎず、適切な処置とは言えません。歯内療法で歯の神経を無菌な状態に戻す処置を行うことは、根っこの問題を解決することで歯を長く機能させることに繋がります。

丁寧に根管治療します

当クリニックでは、虫歯が再発することがないよう、丁寧に根管治療いたします。具体的には、リーマーなどの専門的な器具を用いることにより、細菌に感染してしまった歯質や神経を徹底的に取り除いていきます。虫歯が歯髄まで進行した場合や、根の病気になってしまったような場合には、この根管治療が必要になります。

なお、根管治療をしっかりと行うには手間もかかりますし、高い技術も必要となります。根っこの部分は自分で見ることができず、かつ人によってそれぞれ形が違うため、細菌を完全に除去できないリスクがあるのです。しかし、少しでも細菌を残してしまうと後で菌が繁殖してしまうなどのトラブルが起こってしまうので、当クリニックでは丁寧な根管治療を心がけ、大切な歯を長く機能させるよう努めていきます。