小児歯科とは

小児歯科

小児歯科は、お子様の虫歯の治療や予防を専門に行う診療科です。しっかりと計画を立て、乳歯を経て永久歯が生え揃うまで口腔内の健康管理を行います。当クリニックでは、お子様のお口トラブルが将来に向けて少なくなるよう、また健全な食生活を送れるように、乳歯の頃から口腔内の環境を整えていきます。

年齢・成長などに合わせた治療を実施

乳歯は、永久歯に比べてとても軟らかく、小さい歯なので、虫歯に罹りやすいと言われています。しかも、虫歯の進行が速いため、ちょっと放置しただけでお口の健康に支障を来たしかねません。こうした小児に特有の治療背景を踏まえ、当クリニックでは個々の年齢・成長などに合わせた治療を行っております。また、お子様の歯の発育に関する健康相談にも応じております。

フッ素塗布とシーラント

当クリニックでは虫歯予防に力を入れています。フッ素塗布やシーラントなどで歯質を強化しながら個別にブラッシング指導を行い、お子様の大切な歯を守ります。

フッ素塗布

フッ素は、虫歯菌が作り出す酸性物質に対抗し、強い歯質をつくる手助けをしてくれます。これによって虫歯に対する抵抗力が高まるので、乳歯や生え変わったばかりの永久歯には特に効果的です。また、初期の虫歯を再石灰化して修復を促し、虫歯の進行を防いでくれます。

シーラント

小児期は奥歯の溝が深く、形状も複雑なため、歯ブラシの毛先が入りにくいものです。そのため、毎日歯磨きしているつもりでも虫歯になってしまうことがあります。シーラントは、そのような奥歯の溝を薄い樹脂で塞ぎますので、虫歯のリスクを減らすことが出来ます。当クリニックではフッ素入りのシーラントを使用しているので、虫歯の予防効果も得られます。