自費診療においてはグローバルスタンダードで安心ができる、より効果を感じられる治療を提案致します。歯科では適切な治療が、保険診療として導入されていないものが多々あります。インプラント治療や矯正治療も保険診療には含まれていません。保険診療という枠組みを超えて、患者さんに適した治療を提供するために必要な場合はご提案致します。
永く身体の中で使うものだからこそ、患者さんにとってより良い治療を提供したいと考えています。
お気軽にご相談ください。

費用一覧

※料金は全て税込価格です。

歯周病治療

歯周組織再生療法 ¥88,000

歯内療法

根管治療 前歯 ¥88,000
根管治療 小臼歯 ¥110,000
根管治療 大臼歯 ¥132,000
付加処置(穿孔閉鎖・異物除去など) ¥33,000
支台築造(土台) ¥33,000

詰め物・被せ物

ダイレクトボンディング(白いプラスチック) ¥33,000~¥66,000
セラミックインレー(小さい詰め物) ¥66,000
セラミックアンレー(大きい詰め物) ¥88,000
ラミネートベニア ¥122,000~¥165,000
セラミッククラウン ¥99,000〜¥165,000

入れ歯治療

金属床義歯 コバルトクロム・チタン合金 ¥330,000~¥550,000
ノンクラスプデンチャー(金属を使用しない目立たない入れ歯) ¥220,000~¥330,000

インプラント治療

インプラント埋入治療 1部位
※上部構造(被せ物)まで全て含みます
¥396,000〜¥660,000

クリニカルホワイトニング

ホワイトニング office ¥44,000
ホワイトニング ホーム ¥33,000

矯正治療

相談料 \1,100
検査診断料 ¥33,000
1期治療 ¥330,000
2期治療 ¥330,000
成人 ¥660,000
咬合管理料 \165,000~\330,000
マウスピース矯正(インビザライン) \330,000~\660,000
抜歯(矯正治療によるもの) \5,500
保定装置 \66,000
処置料 \5,500

小児矯正治療

乳歯列 ¥55,000
処置料 ¥3,300

医療費控除について

医療費控除とは

1年間でご自身と、ご自身と生計を共にする配偶者や親族が支払った医療費が一定額を超える場合、その医療費の額を基に計算される金額の所得控除を受けることを医療費控除といいます。

医療費控除の計算

医療費控除の上限は200万円までで、次の式で計算した金額になります。
また、審美治療など控除対象外の治療もございます。

  • 医療費の
    合計金額
  • 保険金などで
    補填される金額

    ※1

  • 10万円

    ※2

  • 医療控除の
    対象となる金額
  • ※1 保険金などで補てんされる金額は、その給付の目的となった医療費を限度として差し引きます。
    そのため、引ききれない金額について、他の医療費からは差し引きません。
  • ※2 その年の総所得金額等が200万円未満の人は、総所得金額等の5%の金額。

申請に必要なもの

  • 医療機関に支払った金額や内訳が記された領収書やレシート
  • 通院にかかった交通費の領収書/メモ
    ※自家用車で通院した場合のガソリン代や駐車料金は含まれません。
  • 源泉徴収票
  • 印鑑
  • 還付金の振込先となる金融機関の口座番号

医療費控除の対象

  • 一般的に使用されている歯科素材を用いた歯科治療
  • 発育段階にある子どもの成長を阻害しないために行う不正咬合の歯列矯正
    ※審美性向上のための歯列矯正は対象外です。
  • 通院の際の付添人の交通費(公共交通機関使用)
    ※自家用車を利用した場合のガソリン代や駐車場代は対象外です。