インプラントについて

欠損補綴(インプラント/入れ歯/ブリッジ)

歯科インプラントは、虫歯や歯周病などによって歯が抜け落ちてしまった箇所の歯槽骨を削り、そこにフィクスチャーを埋め込んで人工歯を装着する欠損補綴の治療法です。入れ歯とは異なり、1本の歯だけが無くなったケースでも適用することが出来ます。単独でも歯を入れることができるので、ブリッジのように両隣の健康な歯を削る必要がありません。見た目も自然ですし、乳歯、永久歯に続く「第三の歯」とも呼ばれるように、自分の歯と同様にものが食べられることから、現在では審美的・機能的に優れた治療法の1つと言われています。

入れ歯とブリッジについて

欠損歯が少なく、その両側に歯が残っているときはブリッジを検討します。ブリッジが難しいケースや、口腔内の状態によっては入れ歯を選択します。なお、高齢者の方を始めとして、入れ歯を作ったものの「痛くて噛めない」、「合わなくて困っている」といった悩みを持たれる方は少なくありません。当クリニックでは、しっかり噛めて、なおかつ痛みや違和感の少ない入れ歯を目指して製作・調整を行っております。保険適用の入れ歯だけでなく、金属床義歯など自費の入れ歯も製作しますので、まずは一度ご相談ください。

入れ歯の種類

レジン床義歯

歯茎に密着する部分がレジンで作られた入れ歯です。保険適用なので治療費が比較的に安くて済みます。しかし、顎の部分が厚いため、飲み込みにくかったり、話しづらくなったりすることがあります。また、熱が伝わりにくいため、食べ物の温度を感じにくくなりがちです。

金属床義歯

床の部分が金属でできた入れ歯です。薄く作れるため、発音がしやすく、違和感も少なくて済みます。また、冷たいものや温かいものの熱感が伝わりやすいので、食事をより楽しむことができます。体との親和性に優れていて適合性が良く、耐久性もあり、汚れが付きにくく、清潔です。ただ、修理がしづらいうえ保険適用でないため、製作費用は高めになります。使用する材料により、ゴールド床、チタン床、コバルトクロム床などがあります。

ノンクラスプデンチャー

部分入れ歯の場合、通常は金属のクラスプを歯に引っ掛けて口の中に装着します。これに対し、ノンクラスプデンチャーは、文字通りクラスプがありません。材質が半透明で口腔内の色と同調するため、装着していても目立たず自然で、違和感の少ないのが特徴です。また、食べものが挟まりにくく、残っている歯に負担をかけません。金属が使われていないため、金属アレルギーの方にも安心です。