歯を抜かない治療

こんにちは。横浜市青葉区青葉台で歯科医院を開業しております、デンタルオフィス青葉台です。世界基準の科学的根拠に基づいて咬合再構成(噛み合わせの治療)を行なっております。咬合再構成には、精密な根管治療、エビデンスに基づいた審美治療、歯周病の治療など様々な知識と技術を総動員します。一つ一つの治療はもちろんのこと総合的な治療も提供しております。

今回は歯を抜かない治療に関してご説明したいと思います。

そもそも抜歯になる原因とはなんなのでしょうか?

上のグラフにあるように虫歯と歯周病が約7割を占めます。まずは虫歯と歯周病をしっかり予防して一生ご自身の歯で美味しく食事ができるように一緒に頑張りましょう!!当医院の予防について

しかし、“すでに歯周病や虫歯になってしまった”、“歯医者さんに行ったら歯を抜かなければならない”と言われた方もいらっしゃるかと思います。当医院の最先端の治療で歯を残せる場合もあるのでご心配な方は一度ご来院下さい。

どのような方法で歯を残すことができるかと言いますと、歯の状況によって異なりますが以下の3つが挙げられます。

精密根管治療 / 歯周組織再生療法 / 歯根挺出(エクストリュージョン)

精密根管治療:保険治療の根管治療は治る確率が50%未満と言われています。治らない、痛みが取れない場合は抜歯を選択せざるを得なくなります。しかしエビデンスに基づいた治療を行えば90%以上は治ると言われています。そして当医院でも同様の結果を得ています。根の治療でお悩みの場合は一度ご相談ください。

歯周組織再生療法:歯周病とは歯を支えている骨を溶かす病気です。歯を支えている骨がなくなると歯がグラグラ揺れてきて最終的には抜歯が必要になります。歯周病の治療は進行を止めることが治療のゴールなのですが歯周組織再生療法に限っては歯を支える骨を再生することができます。今までであれば抜歯せざるを得ない歯が再生療法によって歯を残せる確率が格段に上がります。

歯根挺出(エクストリュージョン):虫歯や歯が折れることで残っている歯が少ない場合も抜歯になってしまうことがあります。しかしエクストリュージョンを行うことで歯を保存できることがあります。下の画像は左が術前で歯茎の中に歯が埋まってしまっています。この状態では治療の施しようがなく抜歯になってしまいます。しかしエクストリュージョンを行うと歯茎の上に歯が出てくれるので差し歯や被せ物が可能になります。

この他にも歯科治療は常に進化しているのでもしかしたらまだ歯を残せるかもしれません。

お悩みの方は一度ご相談ください。

当医院の矯正治療ではワイヤー矯正とマウスピース矯正があります。診査診断に基づいて患者さんにとって最適な治療をご提案しております。マウスピース矯正ではインビザラインを用いて目立たない矯正治療が可能になっております。横浜市青葉区青葉台で歯科、矯正歯科のことでお悩みがありましたら、ぜひデンタルオフィス青葉台までお気軽にご相談ください。

ご予約はこちら

当医院のHPはこちら

次へ 投稿

前へ 投稿

返信する

045-530-4183 WEB予約