歯茎から出血、歯周病

歯茎からの出血は歯周病の最初の症状の一つです。
歯周病は歯茎の炎症により歯を支えている骨が溶けて無くなってしまう病気です。更に口の中だけでなく、糖尿病を悪化させたり、心疾患のリスクを高めたりするなど全身にも多大な悪影響があることが研究により分かっています。
これだけ体にとって悪さをする歯周病ですが自覚症状はほとんどありません。また、歯周病の治療は骨が元通りになるのではなく、進行を止めることがゴールです。(再生療法は除く)なので歯周病対策において大切なのは予防、そして早期発見早期治療です。

歯ブラシなどで歯茎から出血し、歯周病が気になる方はお早目にご相談ください。

次へ 投稿

前へ 投稿

返信する

045-530-4183 WEB予約