マウスピース矯正勉強会

インビザラインジャパン公式スピーカーの有本博英先生の症例検討会に参加しました。

今回の症例検討会ではクリンチェックのポイントをご教授いただきました。

治療ゴールの設定→ステージング→アンカーの設定の順に行うと修正点が明確になります。

特にアンカーの話はとても勉強になりました。ワイヤー矯正と違い固定源の作用部位が違うためメカニクスを理解する上で別物として考える必要があります。その中でも最適アタッチメントが“最適ではない”ことも注意しなければならないと感じました。治療ステージに応じてメカニクスを理解し、それに対してアタッチメントの形状を選択する必要があるため最適アタッチメントを最適とは考えない方が良さそうです。

今後も研鑽を積み患者さんの治療に活かせればと思います。

次へ 投稿

前へ 投稿

返信する

045-530-4183 WEB予約